ヒアルロン酸とは

美容皮膚科ではヒアルロン酸を注入して涙袋を形成しますが、それではそもそもヒアルロン酸とは何でしょうか。ヒアルロン酸というのはグリコサミノグリカンの一種です。高分子であり、生体内の幅広い器官の中に存在しています。特に関節軟骨に多く見られる物質です。ヒアルロン酸には保水力があるため、水分維持には必要不可欠な物質となっています。そのため、ヒアルロン酸を経口摂取するためのサプリメントや健康食品はたくさん出されています。体に良いものであり、それを目元に注射したとしても特に問題はないのです。

目の下にヒアルロン酸を注射すると1年間はその効果を持続してくれます。そして、2年から3年かけて少しずつ体内に吸収されていくのです。もともと体の中にある物質のため危険性は皆無であり、涙袋を形成する施術だけではなくて美容皮膚科では他にもいろいろな施術にヒアルロン酸を用いています。ただし、ヒアルロン酸の質が悪いとしっかりと涙袋を形成させることができません。

そのため、それぞれのクリニックでは涙袋を形成するための特別なヒアルロン酸を用意していることが多いです。それならば安心して涙袋を形成してもらえるでしょう。自然な涙袋が形成されれば、患者は満足するのです。